早慶戦インタビュー(女子)

4/30(土)5/1(日)の2日間に渡り、令和四年度女子第107回早慶対抗庭球試合が行われました。

数年ぶりの有観客試合の中、女子は6-1で勝利を収めました。

チーム全員が出だしから集中しエネルギーを出して戦ったことで早稲田を圧倒することができました。


結果詳細はこちらからご覧頂けます。


〈インタビュー〉

永田杏里(主将/総4/南山手町高等学校)


D1 6-3/6-4 石川琴実・吉岡希紗

S2 6-2/6-1 神鳥舞


ダブルスではペアの佐藤(環4)と息の合ったプレーで昨年のインカレ優勝ペアにリードを許さず、チームの1本目を決めました。シングルスでは出だしから隙のないプレーで早稲田の神鳥選手に快勝し、チームを早慶戦勝利へと導きました。


〜コメント〜


①早慶戦を振り返って自分の試合はどうでしたか?


単複で勝利する事が出来て良かったです。特にダブルスでは、団体戦の流れを左右する大事な試合でもあったので、しっかりと勝ち切る事が出来たのは大きかったと思います。シングルスでも、最後まで攻めの姿勢を貫く事が出来ました。応援がとても心強かったです。


②今回の早慶戦を通して何を学びましたか?


今回は、選手・サポート全員で勝ち取った勝利でした。しかし、このチームは突き詰めていけばもっともっと強くなっていけると思うので、リーグに向けてまた気を引き締めて頑張っていきたいです。


③勝負どころで意識していること/モットーはなんですか?


常に強気の選択をする事を心がけています。また、流れが悪くなった時に自分の中で一杯一杯にならず、相手と勝負する意識を持つようにしています。


④今後に向けて意気込みをお願いします。


リーグ・王座優勝の為に、今から一人一人何が出来るかを考え、準備をしていきたいです。今度こそ、男女で日本一を獲れるよう、頑張ります!



大橋麗美華(総1/光明学園相模原高等学校)


S5 6-0/6-4 金子さら紗


1年生ながらも堂々としたプレーで相手を寄せ付けず勝利を収めました。2日目の1本目という大事な局面で圧巻のプレーを見せ、チーム全体の勢いが付きシングルスの全勝に繋がりました。


〜コメント〜


①早慶戦を振り返って自分の試合はどうでしたか?


初めての団体戦でものすごく緊張しましたが、ファーストセットからしっかりと足を動かすことを意識してプレーしたことで6-0でセットを取ることができました。セカンドセットは1-3から6-4で、途中相手にリードされる場面もありましたが、最後まで高い集中力を保ち勝ち切ることが出来ました。


②今回の早慶戦を通して何を学びましたか?


部の目標に向かって全力を注ぐチームの力強さを改めて体感しました。また、個人戦ではなく、チームで戦うからこそ引き出される力があることを学びました。


③勝負どころで意識していること/モットーはなんですか?


その日の自分の調子によってやるべき事を決めて、最後まで後悔のない選択をすることです。


④今後に向けて意気込みをお願いします。


王座優勝に向けて、チームに少しでも貢献できるよう、精一杯頑張っていきたいと思います。



女子は早慶戦で勝利を収めることができましたが、より一層パワーアップし秋のリーグ/王座に臨めるよう、練習に励んで参ります。

今後ともご声援のほど宜しくお願い致します。

閲覧数:340回0件のコメント

最新記事

すべて表示