早慶戦での新たな取り組みについて

今年度は新型コロナウイルスの影響により、例年とは異なる形での開催となりましたが、それに準じて、庭球部では様々な新しい取り組みを実施しました。


〈コロナウイルス対策〉

以下のような取り組みを行いました。

・応援はマスク着用、拍手のみ

・応援する部員のソーシャルディスタンスの確保

・選手のタオル用の椅子を早慶別に設置

・ベンチコーチはマスクを着用、また選手との間にパーテーションを設置。


他にもスタンドやコートへの入退場時に手指消毒や観客の人数制限、検温を行い、感染予防の徹底を図りました。


〈ライブ配信〉

無観客試合に伴い導入しました、YouTubeでのライブ配信の総視聴回数は、男子約26800回・女子約18500回と、非常に多くの方にご覧頂きました。通常のカメラだけでなく、審判台、横、後ろ+ネットの6視点からの映像もお楽しみ頂けたかと思います。


〈応援メッセージ〉

早慶戦特設ページにて募集しました、応援メッセージは多くの方から温かいメッセージを頂きました。


コロナ禍での開催となりましたが、徹底した感染対策・ライブ配信の活用、また皆様の応援メッセージにより、無事に大会を終えることが出来ました。配信をご覧頂き、応援して下さった皆様、誠にありがとうございました。

110回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示