庭球部員インタビュー&新聞掲載

「ハーバーの美容手帖」の8月号(p8-10)に佐藤南帆(2年)のインタビューが掲載されました。これまでの歩みや今後の目標について話しています。詳細につきましては写真をご覧下さい。


また、熊谷一弥先輩(大正5年卒)が1920年8月に獲得された日本の五輪第1号メダルについて「東京新聞」に掲載されております。


慶應義塾体育会庭球部として名誉あることであり、大変誇りに思います。今後も部全体で功績を残せるよう精進して参ります。

ご声援の程、宜しくお願い致します。


◆東京新聞電子版

https://www.google.co.jp/amp/s/www.tokyo-np.co.jp/amp/article/50440




105回の閲覧

最新記事

すべて表示

早慶戦での新たな取り組みについて

今年度は新型コロナウイルスの影響により、例年とは異なる形での開催となりましたが、それに準じて、庭球部では様々な新しい取り組みを実施しました。 〈コロナウイルス対策〉 以下のような取り組みを行いました。 ・応援はマスク着用、拍手のみ ・応援する部員のソーシャルディスタンスの確保 ・選手のタオル用の椅子を早慶別に設置 ・ベンチコーチはマスクを着用、また選手との間にパーテーションを設置。 他にもスタンド

慶應義塾體育會庭球部創立100周年記念 第19回ジュニアテニススクール終了報告

令和元年11月23日(土)開催 庭球三田会総務委員会 ジュニアテニススクール担当 手島 智佳子 平成13年(2001年)12月6日(日)に第1回を行ったジュニアテニススクール も今年ではや19年目を迎えました。 お陰様で年々参加者が増え、今年はテニス75名、キッズ58名の計133名の方に お申込み頂きました。 毎年お天気が気になるのですが、1週間前には曇りだった天気予報が前日の22日から数日間は雨

第19回ジュニアテニススクールについて

おはようございます。本日は雨天の為、キッズテニススクールを全て中止と致します。ジュニアテニススクールのみ、インドアコート2面で開催致します。開始時刻は10時30分に変更致します。コート状況により、レッスン内容が通常と異なりますがご了承下さい。尚、保護者の方向けのコートも準備が出来ませんのでご了承下さい。宜しくお願い致します。