庭球部員インタビュー&新聞掲載

「ハーバーの美容手帖」の8月号(p8-10)に佐藤南帆(2年)のインタビューが掲載されました。これまでの歩みや今後の目標について話しています。詳細につきましては写真をご覧下さい。


また、熊谷一弥先輩(大正5年卒)が1920年8月に獲得された日本の五輪第1号メダルについて「東京新聞」に掲載されております。


慶應義塾体育会庭球部として名誉あることであり、大変誇りに思います。今後も部全体で功績を残せるよう精進して参ります。

ご声援の程、宜しくお願い致します。


◆東京新聞電子版

https://www.google.co.jp/amp/s/www.tokyo-np.co.jp/amp/article/50440




213回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

《インカレ》結果報告

先日、四日市テニスセンターにて、2021年度全日本学生テニス選手権大会(通称:インカレ)が行われました。 以下、主な結果となります。 <男子ダブルス> 羽澤慎治・藤原智也(4年・2年) 優勝 佐々木健吾・成耀韓(4年・4年) ベスト8 <男子シングルス> 藤原智也(2年) 優勝 <女子ダブルス> 平田歩・永田杏里(4年・3年) 準優勝 <女子シングルス> 平田歩(4年) 優勝 今田穂(3年) 準

佐藤南帆、ITF大会ダブルス優勝!

8月3日〜7日にかけて、Kjobenhavns Boldklubにて行われました、Copenhagen $15.000大会に佐藤南帆(3年)が出場し、ダブルスで優勝を果たしました。 以下、結果詳細です。 ダブルス 佐藤・Priska Madelyn NUGROHO(INA) 1R 6-0/6-1 Ivania MARTINICH・Ingrid VOJCINAKOVA(CHI・SVK) QF 7-5

羽澤慎治、昭和の森オープンシングルス優勝!

7/26〜8/8に昭和の森テニスセンターにて行われました、昭和の森オープンテニストーナメント8月大会男子シングルス本戦にて羽澤慎治(4年)が優勝、ダブルス本戦にて羽澤慎治・藤原智也(4年・2年)が準優勝を果たしました。 以下、結果詳細です。 ダブルス 羽澤慎治・藤原智也(4年・2年) 1R ◯6-2/6-0 大村蒼太・市野瀬楓(亜細亜大学) 2R ◯6-1/6-0 奥村龍太郎・清水盾伎(沖縄尚学高