《夏関》結果報告

9月21日(水)〜9月28日(水)にかけて、2022年度関東学生テニス選手権大会が行われました。

女子シングルスでは副将の今田が見事優勝を果たしました。上位選手の実力が拮抗しており厳しい展開になる場面もありましたが、安定したストロークと勝負どころでの強気なプレーで勝ち抜くことができました。今田は学生大会初タイトルとなり、個人戦の集大成を最高の結果で締めくくることができました。女子ダブルス・男子は悔しい結果で終わってしまいましたが、インカレインドア・新進など次の個人戦では、紙一重の勝負を制し、一人一人がさらに勝ち上がれるよう精進して参ります。ご声援、誠にありがとうございました。

また、10月10日(月)より王座が開幕致します。個人戦で培った集中力と土壇場の粘り強さを生かし優勝を果たせるよう、より一層努力して参ります。 

今後とも、ご声援の程宜しくお願い致します。


以下、主な結果です。

<女子シングルス>

優勝:今田穂(総4)

ベスト4:堤華蓮(環3)

ベスト8:大川美佐(環3)


結果詳細はこちらをご覧ください。



閲覧数:183回0件のコメント

最新記事

すべて表示