佐藤南帆、ITF大会ダブルス優勝!

更新日:2021年10月30日

8月3日〜7日にかけて、Kjobenhavns Boldklubにて行われました、Copenhagen $15.000大会に佐藤南帆(3年)が出場し、ダブルスで優勝を果たしました。

以下、結果詳細です。


ダブルス


佐藤・Priska Madelyn NUGROHO(INA)

1R

6-0/6-1 Ivania MARTINICH・Ingrid VOJCINAKOVA(CHI・SVK)

QF

7-5/3-6/10-7 Maria BONDARENKO・Darja SEMENISTAJA(RUS・LAT)

SF

2-6/6-2/10-4 Nicole KHIRIN・Darja VIDMANOVA(ISR・CZE)

F

6-0/6-1 Viktoriia DEMA・Ani VANGELOVA(UKR・BUL)


シングルス


佐藤南帆

1R

6-4/4-6/2-6 Johanne Christine SVENDSEN(DEN)


〜佐藤コメント〜

久し振りの海外遠征で、ダブルスで優勝する事ができ、とても嬉しいです。ペアとも仲が良く、楽しくプレーができた結果だと思います。

シングルスでは、1回戦で敗退してしまったものの、これからのモチベーションにも繋がったので、この負けを糧に更に練習トレーニングをして、強くなってまた海外の大会に挑戦したいと思います。

応援して下さった方々、ありがとうございました!


佐藤にとって久しぶりの海外遠征となった今大会ですが、見事、ダブルスで優勝を果たしました。QF、SFとファイナルセットにもつれ込む苦しい試合が続きましたが、しっかりと勝ち抜くことが出来ました。

今月末から始まるリーグ、また王座に向けて、部員一同精進して参りますので、ご声援の程、宜しくお願い致します。


▼大会詳細

https://www.itftennis.com/en/tournament/w15-frederiksberg/den/2021/w-itf-den-02a-2021/draws-and-results/

閲覧数:174回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11/8-13、全日本大学対抗テニス王座決定試合が行われました。 男女ともに2回戦は松山大学と、準決勝は関西大学と対戦し、1本も落とすことなく決勝に駒を進めました。 そして迎えた決勝では、男女ともに早稲田大学と対戦しました。女子は出だしから迫力のあるプレーで早稲田を圧倒し、1セットも落とすことなく5-0をつけ、日本一を決めました。女子が日本一を獲るのは1966年以来、55年ぶりになります。 男子は