top of page

【OBプロ 早慶戦インタビュー】

5/13(土)、14(日)に行われる早慶戦開幕まであと6日となりました‼️


今回は、OB のプロ選手3名に以下の5つの質問について答えて頂きました!!


<OB>

上杉海斗(平成30年卒)

今村昌倫(令和3年卒)

羽澤慎治(令和4年卒)


<質問>

Q.最も印象に残っている早慶戦の一戦

Q.他の試合との違い

Q.当時早慶戦にかけていた思い

Q.早慶戦での経験で現在のプロ活動に活きていること

Q.早慶戦を戦う後輩へ一言


上杉海斗

(平成30年卒)

【最も印象に残っている早慶戦の一戦】

1年目の春の早慶戦。慶應会場で応援の人数、盛り上がり、先輩のS1勝負がかかった試合。初めての早慶戦で印象が大きいです。


【他の試合との違い】

早慶共に試合にかける思いが違う。特別な試合でした。

【当時早慶戦にかけていた思い】

4年間勝てなかったですが、チャレンジャーとして歴史を変えたいと思いが強かったです。


【早慶戦での経験で現在のプロ活動に活きていること】

緊張した場面でのプレーが個人と団体では違うので緊張に強くなったと思います。


【早慶戦を戦う後輩へ一言】

どんな場面でもチャレンジャーの気持ちを忘れずに。特に団体戦は最後、気持ちが強い方が良い結果をもたらしてくれると思うので勝負が終わるまでトライし続けてほしいです。応援しています。

今村昌倫

(令和3年卒)

【最も印象に残っている早慶戦の一戦】

一年生のときの福田今村vs小林島袋です。大学初めての団体戦で、緊張の中ファイナルセットまでもつれ込む接戦を勝ち切れたことが最高に気持ち良かったです。次の日のシングルスはボコボコにされましたが。


【他の試合との違い】

100年以上続く歴史のある試合。5セットマッチのロングマッチで激アツ。


【当時早慶戦にかけていた思い】

勝ってヒーローになるぞぉー!と思っていました。


【早慶戦での経験で現在のプロ活動に活きていること】

プレッシャーのかかった場面でも積極的なプレーができるようになった気がします。ロングマッチの戦い方を学びました。


【早慶戦を戦う後輩へ一言】

団体戦なので全球全力でがむしゃらに頑張ってください!と言いたいですが、ずっと全力前進してると5セットもたないので、選手は冷静になることも忘れずにファイト😘


羽澤慎治

(令和4年卒)

【最も印象に残っている早慶戦の一戦】

1年目の早慶戦。大学に入って初めての団体戦で単複5セットで1勝1敗、チームは4-5で負けて早慶戦の楽しさと厳しさを知れたからです。


【他の試合との違い】

特別な存在ですごく熱くなる試合です。チーム一丸となって最高に盛り上がれました。


【当時早慶戦にかけていた思い】

絶対勝つ、これしか考えてなかったです。


【早慶戦での経験で現在のプロ活動に活きていること】

プレッシャーがかかる場面を沢山経験できたことで、精神的にタフになれました。あとはサポートしてくれている人への感謝の気持ちをより感じられるようになりました。

【早慶戦を戦う後輩へ一言】

めっちゃ緊張すると思うけど、とにかく全力を尽くして楽しんで勝ち切って欲しいです!

閲覧数:1,015回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page