top of page

【部員インタビュー 最終弾】

更新日:2023年6月29日


本日は、部員インタビュー最終弾をお届けします!


入部方式ごとの第5弾に渡る企画であり、現役部員の本塾庭球部への入部理由や、庭球部に対する熱い想いが詰まっているインタビューとなっております。


最終弾では「一般入試」で入部した

髙橋弘季/中澤匠吾の2人をご紹介します。

最後までぜひご覧ください!



髙橋弘季

大学新3年 経済学部

学習院高等科出身

【入部を決めた理由】

大好きなテニスを極めることができる場所だと思ったからです。


【他の大学ではなく慶應を選んだ理由】

日本トップの選手、環境が揃う庭球部があるからです。


【入部してよかったと思うこと】

バラエティ豊かなチームメイトに出会えたことです。


【活動する中で感じていること】

一生の宝になる経験をしていることです。


【大変なこと】

学期中は忙しくなるけれど、文武両道で充実した生活を送っています。


【自分にとって王座優勝(日本一になる)とは】

チーム慶應


【新入生に一言】

庭球部で一緒にテニスを極めましょう!



中澤匠吾

大学新3年 商学部

神奈川県立希望ヶ丘高等学校出身

【入部を決めた理由】

テニスが好きで、本格的にテニスができる最後のチャンスが大学であると感じたからです。


【他の大学ではなく慶應を選んだ理由】

勉強とテニスを両方とも日本一に近いレベルでこなせると思ったからです。


【入部してよかったと思うこと】

とにかくテニスに集中できることです。


【活動する中で感じていること】

部活動とはいえ自分で考えて行動する機会が多く、主体性を発揮できるということです。


【大変なこと】

普通では考えられないような仕事をすることです。責任も他大学とは桁違いの重たい仕事をこなしますが、その分社会について学べる良い機会になっています。


【自分にとって王座優勝(日本一になる)とは】

自分の大学生活の成否を決めるもの


【新入生に一言 】

決して楽な大学生活になるとは言えませんが、テニスが好きな人、何かを全力で取り組みたい人は体育会庭球部に大学生活を捧げて欲しいと思います。



最後までご覧いただいた皆様、ありがとうございました!

まだ他のインタビューをご覧になっていない方はぜひご覧ください!

閲覧数:658回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page