【王座】女子日本一、男子準優勝

10/10-12、全日本大学対抗テニス王座決定試合が行われました。


2回戦では男子は愛知学院大学、女子は北海学園大学と対戦し1本も落とすことなく準決勝に駒を進めました。

準決勝では男子は関西学院大学と、女子は関西大学と対戦し、男女ともにダブルスから苦しい戦いを強いられましたが、どの選手も勝負どころで強気の選択をすることができ、ストレートで決勝進出を決めることができました。


そして迎えた決勝では、男子は早稲田大学と、女子は筑波大学と対戦しました。

男子は昨年と同じく、ダブルスを1-2で折り返し、シングルスで3-3に追いつきましたが、一歩及ばず、準優勝となりました。 

ですが、昨年非常に悔しい思いをした藤原(3年)がリーグに続きエース対決を制すなど、来年に向けて収穫となったものも多くありました。

一方、女子は1-2とリードされ緊迫した場面もありましたが、どの選手も力を振り絞って最高のプレーをし、史上初の王座2連覇を達成することができました。

特にシングルスではどの選手も最後までファイトし、4年生の意地を見せつけた試合となりました。

永田(主将/4年)は惜しくも敗れてしまいましたが、最後まで諦めずに声を出して戦い、主将として大きな背中を見せてくれました。

昨年の王座優勝、リーグ優勝という結果があるが故にプレッシャーのかかる場面も多くありましたが、応援を力に変え最後まで戦い抜きました。

王座優勝を胸に日々取り組んできた成果を存分に発揮し、連覇を成し遂げることができ、大変嬉しく思います。

ですが、来年こそは57年ぶりのアベック優勝を達成し、「男女で日本一」になれるよう、気持ちを入れ直し、新たな代でのスタートを切りたいと思います。


また、遠方にも関わらずご声援を頂きました皆様、ライブ配信やリアルタイムスコアを通して応援して頂いた皆様、誠にありがとうございました。

今後とも慶應義塾体育会庭球部を宜しくお願い致します。


結果詳細はこちらからご覧頂けます。


閲覧数:326回0件のコメント

最新記事

すべて表示