《インカレインドア》結果報告

11月28日(日)〜12月5日(日)、江坂テニスセンターにて、2021年度全日本学生室内テニス選手権大会が行われました。

男子ダブルスは見事大会連覇を達成しました。女子シングルスは惜しくも敗れてしまいましたが、劣勢でも最後まで諦めず、次に繋がる試合となりました。優勝は男子ダブルスのみとなりましたが、全種目にて準決勝に進出し、慶應の強さを見せつけられた大会となりました。ご声援、誠にありがとうございました。

しばらくは大会のない期間が続きますが、チームとしても個人としても更に成長出来るよう、精進して参ります。今後とも、ご声援の程宜しくお願い致します。


以下、主な結果です。

〈男子ダブルス〉

優勝:藤原(環2)・下村(法1)

〈男子シングルス〉

ベスト4:藤原智也(環2)

〈女子ダブルス〉

ベスト4:永田(総3)・大川(環2)

〈女子シングルス〉

準優勝:永田杏里(総3)

ベスト4:堤華蓮(環2)

ベスト8:今田穂(環3)


結果詳細はこちらをご覧下さい。


閲覧数:400回0件のコメント

最新記事

すべて表示

11/8-13、全日本大学対抗テニス王座決定試合が行われました。 男女ともに2回戦は松山大学と、準決勝は関西大学と対戦し、1本も落とすことなく決勝に駒を進めました。 そして迎えた決勝では、男女ともに早稲田大学と対戦しました。女子は出だしから迫力のあるプレーで早稲田を圧倒し、1セットも落とすことなく5-0をつけ、日本一を決めました。女子が日本一を獲るのは1966年以来、55年ぶりになります。 男子は