​庭球部の歴史

慶應義塾誕生

1858年

​安政5年

江戸築地鉄砲州に開いた蘭学の一小塾が新銭座に移転され、慶應義塾が誕生。大学部は1890年(明治20年)に発足。

體育會庭球部創部

1901年

​明治34年

日本で最も古い大学庭球部。創部と同時に1892年(明治25年)に創設された體育會に加入。初代庭球部長は雨山達也で、​創部当初は軟式テニスであったが、1914年から硬式テニスを採用した。

1876年に初めて日本でテニスが横浜の外国人居留地に伝えられた。

​第一回早慶対抗庭球試合開催

1924年

​大正13年

4月26日に大森コートにて第一回が開催された(女子は1954年)。同年からリーグ戦も開始(女子は1959年)。全日本大学対抗庭球王座戦初開催は1947年(女子は1965年)。

前年から小泉信三が初代三田会長に就任。

​練習場所が日吉蝮谷コートに

1933年

​昭和8年

創部以来、三田山上コート、三田綱町コート​天現寺コート、四谷コート、大森コートと5ヶ所を使用してきたが、日吉キャンパスが開校すると同時に、日吉蝮谷コートが誕生し、練習場所が移された。

​女子部員誕生

1952年

​昭和27年

庭球部が50周年を迎えた翌年、女子部員が誕生。

​1954年には女子第1回早慶対抗庭球試合開催。1959年からは第1回女子リーグ戦開催。

王座男子初優勝

1953年

​昭和28年

日本で最も古い大学庭球部。創部と同時に1892年(明治25年)に創設された體育會に加入。初代庭球部長は雨山達也で、​創部当初は軟式テニスであったが、1914年から硬式テニスを採用した。

1876年に初めて日本でテニスが横浜の外国人居留地に伝えられた。

王座女子初優勝

1966年

​昭和41年

創部と同時に體育會に加入。大塚千代造らが塾庭球部の前身となる清遊ローンテニス倶楽部を創立した翌年に創部。初代庭球部長は雨山達也。

​創部当初は軟式テニスであったが、1914年に硬式テニスを採用した。

「練習ハ不可能ヲ可能ニス」石碑完成

1967年

昭和42年

現在、一番コートの脇にある小泉信三元塾長の名言。

男子第100回早慶対抗庭球試合開催

1975年

昭和50年

4月12日開催。通算73勝27敗。

7月20日には第100回早慶戦記念三田稲門懇親会開催。

​創部100周年

2001年

平成13年

現「慶應庭球一〇〇年」を記念に出版。

慶應チャレンジャー国際テニストーナメント初開催

2007年

平成10年

現日本テニス界の活性化を目的に、初開催。

​女子第100回早慶対抗庭球試合開催

2018年

平成30年

​5月12日13日。40勝60敗。

新部室完成​

2018年

令和元年

約80年間使用した旧部室を立て替えた。旧部室が平屋建てであったのに対し、新部室は二階建てとなった。

蝮谷テニスコートの歴史

テニスコートのある蝮谷一帯は、戦時中に海軍の一拠点であった。そのため、今でもその名残として地下壕がある。現在一般公開はしておらず、不定期に見学会を慶應義塾は催しているが、普段練習している環境は非常に歴史のある場所である。