慶應義塾体育会庭球部とは

慶應義塾体育会庭球部は1901年(明治34年)に創部し「練習ハ 不可能ヲ 可能ニス」という小泉信三先生の教訓のもと四大目標を達成し男女で日本一になるため日々蝮谷テニスコートで練習を行っています。

チームで日本一を達成するために個々が自立しレベルを上げ、お互いに切磋琢磨し合いながら取り組んでいます。テニスの技術だけでなくメンタルやフィジカルの向上、また近年一貫教育校の連携にも力を入れチーム慶應としての意識を高めています。蝮谷テニスコートでは男女で一緒に練習トレーニングに励み、一貫教育校でもある慶應義塾高校とも連携し共に努力しています。

【慶應義塾体育会庭球部四大目標】

一、早慶戦に勝つこと

一、全国制覇を成すこと

一、国内は勿論國際的チャンピンを作ってデ杯を日本に持ってくること

一、より良き部を作ること

庭球部の歴史

1901年に創部した慶應義塾体育会庭球部は、日本で最初に硬式テニスを採用した部活動です。日本のスポーツ選手で初めてオリンピックでメダルを獲得された熊谷一弥先輩(1915年卒業)をはじめとし日本を代表する名選手を多数輩出し、日本のテニス界を牽引してきました。長い歴史の中で変容を遂げてきた慶應義塾體育會庭球部の創部100年の全容は以下からご覧ください。

​慶應義塾一貫教育校のテニス部紹介

慶應義塾には小学校から高等学校まで多くの一貫教育校が存在します。

大学庭球部は、各一貫教育校のテニス部と様々な取り組みを実施し、交流を深めております。